構造物の調査診断会社 株式会社エフ・ディー・イー/FDE


ホーム >> 調査・診断(建築・土木) >> コンクリート詳細調査(強度,中性化,塩分 etc)

コンクリート詳細調査(強度,中性化,塩分 etc)

コンクリート強度測定(シュミットハンマー法)

NR型シュミットハンマーにてコンクリートの強度を非破壊で測定し、設計上の必要強度と比較・判定を行います。

シュミットハンマー法とは、コンクリートに打撃を加え、返ってきた衝撃の反射の強さを図ることでコンクリートの強度を測定する方法です。コンクリートを破壊しないで強度の測定をする方法です。

コンクリート強度測定(シュミットハンマー法)

コンクリート強度測定(圧縮試験法)

コンクリート強度測定(圧縮試験法)

コンクリート構造物はコンクリートの圧縮強度を基に設計が行われており、躯体コンクリートから 試験体を採取し試験することで、設計で定めた圧縮強度が確保されているか確認を行うことが可能です。
また、圧縮強度は中性化の進行や塩化物の浸透など、劣化のしやすさと関係があり、コンクリー トの状態を把握する上で圧縮強度を測定することは極めて重要です。通常、試験体の採取では 直径10cm程度の試験体を躯体から切り取ります。

コンクリート強度測定(圧縮試験法)

コンクリートをコアにより採取し、耐圧試験機を使用して圧縮強度測定を行い、設計上の必要強度と比較・判定します。

ページトップへ