構造物の調査診断会社 株式会社エフ・ディー・イー/FDE


ホーム >> 構造物点検(建築・土木) >> 建築物の定期報告・土木構造物点検

建築物の定期報告(特殊建築物・建築設備)

劇場や映画館、ホテル、病院、百貨店、飲食店、地下街、共同住宅などは火災や地震などの災害や、建物の老朽化による外壁の落下などが起こると大きな被害が発生する恐れがあります。
このような危険をさけるため、建築基準法第12条により、特定行政庁が指定する建築物及び建築設備や昇降機等について、その所有者(管理者)は、定期的 に専門の技術者に調査・検査を行わせその結果を報告することが義務づけられています。
人が病気等の予防のために定期的に健康診断を受けるのと同じように、建築物も定期調査・検査が必要です。

(財)福岡県建築住宅センター
点検シート事例

【点検シート事例】

ページトップへ

点検の種類と目的

初期点検構造物完成後の初期状態を把握(その後の維持管理においての基礎資料)
日常点検利用者の安全かつ円滑な交通の確保(第三者に対する障害の防止)
定期点検工学的な判断に基づいた損傷評価と最適補修時期の判断(補修計画作成資料)
臨時点検日常・定期点検を補完するため、適宜必要に応じて実施
(災害・事故・追跡・詳細点検)
下部工図

【下部工図】

主桁・床版展開図

【主桁・床版展開図】

ページトップへ