構造物の調査診断会社 株式会社エフ・ディー・イー/FDE


ホーム >> 改修設計(建築) >> 改修設計までの流れ・施工監理の流れ・長期修繕計画

改修設計までの流れ

建物を維持管理していく中で、経年劣化の進行を調査し、明確に把握することが必要と思われ、その調査結果が修繕時期、改修方法、資金計画を考える中での基本資料となり、今後、発生する改修設計および大規模修繕の内容を高めるものと考えます。

事前調査
次へ

ヒアリング

設計図書、修繕履歴などの確認

アンケート調査

全戸、居住者に対し行い、ベランダ立入調査箇所の選定
現地調査
次へ

外観目視調査

目視、双眼鏡での確認

外壁打診調査

部分打診:共用部において、手の届く範囲
全面打診:ゴンドラ等の仮設を使用しての範囲

外壁赤外線調査

赤外線映像による浮き等の検知

給排水設備調査

ファイバースコープ等による管内調査etc

部分詳細調査

コンクリート強度、中性化、仕上材付着力etc

劣化部位の記録

図面および写真にて記録
報告書作成
次へ

劣化状況図作成

立面図、平面図での劣化位置の確認

劣化写真まとめ

劣化種別、部位ごとの代表写真

劣化数量の算定

目視および打診において確認された数量

劣化度の区分

補修・修繕時期の検討
改修基本案作成
次へ

修繕基本仕様の検討

工事概算書作成
次へ

仕上別数量積算

工事基本予算書の作成

工事設計監理へ
調査部位
壁面関係 鉄部関係 防水関係 設備関係 外構関係
  • 外壁
  • 共用内壁,天井
  • 手摺
  • 各種扉
  • 鉄製階段
  • 各種鉄製配管
  • 屋上等の屋根
  • ベランダ床
  • 外部廊下床
  • 各種目地材
  • その他防水箇所
  • 露出配管
  • 給排水管
  • 受水槽
  • 高架水槽
  • フェンス
  • 境界壁
  • 自転車置場
  • 駐車場
ページトップへ

フロー図 管理組合の業務 監理者の業務
調査資料の照合
修繕項目範囲の決定
工事中生活への影響問題の検討
見積参加業者の検討
 
仕様書(案)の作成
施工者決定のルール検討
現場説明
質疑応答
見積書徴収・検討・内定
仕様書の最終確認
理事会又は総会承認
施工者決定・契約
居住者への業者による工事説明会
着工前打合せ
色彩等計画
着工
工事監理
定例打合せ会
竣工検査
完成引渡し
  • 方針の決定
  • 財政状況検討
  • ルールの検討
  • 仕様書(案)の検討
  • 現説立会い
  • 見積書受取り
  • 接渉・内定
  • 理事会又は総会開催
  • 請負契約調印
  • 工事契約金支払
  • 説明会の案内
  • 問題点の検討
  • 竣工検査立会い
  • 引渡し書類受取り
  • 最終金額支払
  • 調査資料の確認
  • ルールの案提示
  • 仕様書(案)の作成
  • 現説
  • 補足説明書
  • 質疑応答書
  • 見積比較・接渉
  • 立会い・助言
  • 契約立会い
  • 工事説明会資料検討
  • 説明会立会い
  • 立会い・助言
  • 監理報告
  • 問題点の提起
  • 問題点の検討
  • 竣工検査
  • 引渡し書類点検
ページトップへ

建物・設備等には、耐用年数を考え、長期的に亘って建物の管理、メンテナンス、改修・改善計画を検討した計画書が必要です。

特に区分所有のマンションでは管理組合員が共同で管理運営をおくなって行く中で、十分に検討された計画書が必要となります。

長期的な管理、運営面の検討を含めた建物固有の維持・管理の計画書が【長期修繕計画】です。

長期修繕計画には、次の事柄について計画する必要があります。

(1)修繕の時期いつごろ修繕するのか。何年ごとに行うか。(修繕周期)
(2)修繕の項目どの部分を修繕するのか。
(3)修繕の方法どのように修繕するのか。(修繕か更新かなど)
(4)修繕の費用どの程度の費用が必要か。
長期修繕計画書の概念図

【長期修繕計画書の概念図】

ページトップへ